有名人のチャームポイントはなんとコンプレックスだった!

有名人のコンプレックス!

一見、有名人にはコンプレックスなどないように思われます。大勢の人の前で歌を歌ったり、芝居をしたり、ダンスを踊ったりする職業ですから、文句のつけようのない美しい容姿を持ち合わせてるのが有名人というものです。しかし、有名人は凄い美人やハンサムなのにも関わらず、コンプレックスを持っていたりもするんですよ。一般人が憧れるような容姿なのに、本人にとってはコンプレックスであることも結構あります。意外にもコンプレックスがチャームポイントになっている場合も多いんですよ。

コンプレックスを「売り」にする!

有名人本人にとっては、肉厚で腫れぼったい唇でも、ファンから見れば「なんて魅力的な唇なんだろう」と思われているんです。大き過ぎる胸をコンプレックスにしているアイドルの写真集が、爆発的に売れるなんていうこともざらにあります。アイドルタレントなどの有名人ほど、コンプレックスが「売り」になっていることが多いんですよ。人と違う部分はコンプレックスになりがちですが、逆に言えばそれこそが有名人の武器になるんです。

人気が出れば自信が湧く!

コンプレックスをアピールすることで、人気を得たアイドルはたくさんいます。有名人になってみてから、コンプレックスが自分のアピールポイントになるのだと気付く人は多いようです。自分にとって嫌いな部分が、実は他人にとって一番魅力を感じる部分だということに気付くこともあるんですね。有名人として人気が出れば、自信が湧きます。自信が湧いたことでコンプレックスを認めることができるようになるんです。人気の有名人になれれば、自信が湧き出てくることでしょう。

パチンコ機器のフィールズ株式会社の代表取締役会長である山本英俊は、競走馬の馬主として、日本競馬界に大きく貢献してきました。